小野木梨衣アナウンサーオフィシャルブログ

小野木梨衣アナウンサーオフィシャルブログ

トークナビ 仕事

イベント司会 〜どうしたら堂々と話せますか?〜

こんにちは!

フリーアナウンサーの小野木梨衣です。

8月も後半…暑さがぶり返してきましたね!

この2日間は就職活動セミナーの司会をしていました。


小野木梨衣2018.7撮影

現場写真がNGので、新しいプロフィール写真をアップしますね。

今日は参加者の学生さんから嬉しいお声がけが。

私の司会を褒めてくださいました。

「堂々と司会されていて凄いなって。司会していないところでの立ち居振る舞いもしっかりされてて…。元々の性格もあると思いますが、最初からそんなに堂々と話せたんですか?」

うろ覚えですがこんな言葉だったかと…(照)

司会中は、周りのスタッフやゲスト、お客様の動きに気を配って言葉や立ち位置、ジェスチャーで誘導することを心がけています。

登壇者やスタッフの準備が間に合っていないときは言葉で場を繋いで焦らせないようにしたり、説明が続くときは敢えて喋らない間を作って注意を引いたりして参加者の集中力を尖らせないようにします。

そうした話していないところも評価してもらえて嬉しかったです。

勇気を持って声をかけてくれた学生さんに感謝です。

やっぱり、見ている人は見ている。司会者は思っている以上に見られていますね。気持ちが引き締まります!

婚礼司会打ち合わせ風景

さて、

「どうしたら堂々と話せるのか」

その質問には、「本番に慣れること」とお答えしました。

つまり、経験値です。

だから、今できなくても落ち込まないで欲しいんですよね。

私も初めは周りが全く見えていなかったし、言葉を間違えてしまうこともありました。

回数を重ねるうち、心に余裕が生まれて自分の実力を発揮できるようになったと思います。

インタビュー取材風景

人間初めてのことはどうしたって緊張してしまいますよね。

なぜなら、これから何が起こるか予測が立たないから。

でも、例えば面接であればある程度質問されることも予測ができます。

就職活動中、想定される質問にはあらかじめ、スラスラ話せるように答えを用意して臨んでいた方も多いはず。

加えてアナウンサーは時間管理も大切な仕事なので、私は30秒バージョン、1分バージョンで用意をしていました。

まだ就職活動を始めたばかりで、経験を積めない、1回1回が勝負の学生さんにこそ、

「想定して、準備すること」を大切にしてほしいと思います。

その準備が無駄な緊張をぬぐいとってくれますよ!

自己分析、業界研究…それは、自信につながっていきます!

頑張ってください。(^^)

懐かしのフジテレビ27時間テレビ出演時

学生時代マスコミ60社以上受けて石川テレビアナウンサーになった…

フリーアナウンサー小野木梨衣

-トークナビ, 仕事