小野木梨衣アナウンサーオフィシャルブログ

小野木梨衣アナウンサーオフィシャルブログ

トークナビ 仕事

司会者ブラッシュアップ研修会 司会者みんなが直面する○○な話

こんばんは!

フリーアナウンサーの小野木梨衣です。

先日、株式会社トークナビに所属するフリーアナウンサーのブラッシュアップ研修会が行われました。

およそ月1のペースで、日頃の業務報告や教えるノウハウを共有しあい、自身の話し方の技術向上を測っています。

今回のテーマは司会。

代表の樋田アナウンサーより、「司会といえば、小野木アナ」というご指名を頂き、講師を務めました。

今回の司会者研修で使用したレジュメの一部を公開しちゃいます。

司会研修カリキュラム

読めますでしょうか?(汗)

司会をする上で意識していることが書かれています。

わたしの走り書きが汚いのはご勘弁を(笑)

トークショーでの事前の準備を熱弁中

私たち司会者はイベントにおいて主役ではありませんが、ステージに立つわけですから、見た目や所作にも気を使っています。

台本の取り扱いもその一つ。

  • 台本を持つ際のバインダーはどうしているか。
  • A3の台本を渡されたらバインダーからはみ出てしまうがどうするか。
  • 台本とマイクで両手がふさがっている場合、台本をめくれなくなるシチュエーションをどう乗り切るか。
  • 何ページにも及ぶ台本をめくる時、めくった紙がペラペラと表に出ないようにするにはどうしたら良いか。

この他にも台本の取り扱いについてのディスカッションは止まらずヒート!

みんな直面する課題なんですよ実は。

まだまだ議論したことはありますがマニアックになって来たのでこの辺にしておきます(笑)

司会者は自分の声だけ磨いていればいいわけではないのですよね。

「常に見られている」という意識が大切です。

気持ちよく台本をめくれる環境を整えたり、どこからみても格好いいバインダーを手に入れたりすることだって、大切な仕事だと思います。

それこそが当日の不安や無駄な緊張を取り除き、自信を持ってステージに立つことへ繋がっていきます。

どんな仕事にも、そうした見えない努力や準備がありますよね。

トークナビ司会部のフリーアナウンサーの皆さんと

スピーチトレーニングのトークナビに所属するフリーアナウンサーのメンバーは、皆意識が高く、いつもいい刺激をもらいお互いの活躍を喜び合える素敵な仲間たちです。

今回は講師を務めたわたしですが、皆さんから勉強させてもらうこと、気づかせてもらうことが沢山あります。

これからも現場に必要とされる存在で居られるよう、誠心誠意頑張ります!

フリーアナウンサー

小野木梨衣

 

おまけ…

 

息子も5ヶ月…だいぶ大きくなって来ました!

 

 

-トークナビ, 仕事