ブログ・コラム

4歳男の子の習い事/体操教室の内容や成果、期待することは?

7月で4歳になった息子。

そろそろ何か習い事を始めさせたい!と思い、複数のスクールへ体験に行きました。

  • サッカー
  • スイミング
  • 体操

上記の3つの中で最も教え方が丁寧で親子共にやりたい!やらせたい!となった体操教室に通い始めて2ヶ月が経ちました。

この記事では4歳児の体操教室ってどんなことやるのか、2ヶ月様子を見守ってきて感じる成長や課題についてお話しします。

あわせて読みたい

1、体操教室の内容は?

息子は週に1回15:15〜16:15の1時間、ラヴィセントラルフィットネスの体操教室に通っています。

区分は幼児クラスで年少〜年長までの3学年が一緒にレッスンを受けています。

下記のことをやっています。

  • 音楽に合わせてダンスのような準備体操
  • 柔軟体操
  • 壁倒立
  • ダッシュやケンケンパなどの規則性のある動きで競争
  • 鉄棒
  • 跳び箱
  • マット運動など

鉄棒や跳び箱、マット運動もしっかり補助しながら教えてくれるので安心ですよ。

2、キッズ体操教室の月謝は?

月謝は ひと月9,240円。最近少し値上がりしました。
入会金や指定の体操着代はお友達紹介制度を利用したのでかかっていません。

下記の表を見ると分かるとおり、2種類通った方がお得なので、もう少し習い事に慣れてきたらスイミングも始めようかなと思っているところです。

出典:セントラルフィットネス公式

3、セントラルフィットネスオリジナルの体育チャレンジシステム

出典:セントラルフィットネス公式HP

セントラルには、”タイチャレ”と呼ばれる25段階の進級システムがあり、3ヶ月に1度テストがあります。
(※3月・6月・9月・12月の第3・4回目の練習日に実施。)

これが入会の決め手でもあります。

テストに向けてあらゆる動き、技ができるようになるよう、先生が丁寧に教えてくださいます。

できなくてもOK!みたいなゆるさはなく、足が揃っていない、身体が真っ直ぐになっていないといった細かなところまで見てくれて「もう一回やろうか!」と声をかけてできるまで真剣に見守ってくれます。

そして、何よりマスク越しでもわかる表情の変化からいつも熱意を感じとっています。

4、体操教室に期待すること

将来体操選手になってほしい!とかではなく、

体操というツールを通して

  • 自立心
  • 挑戦する勇気
  • 諦めずに取り組む粘り強さ

を身につけて欲しい!と願っています。

うちの子は、競争心が強く負けず嫌い。

負けるくらいならズルしてでも勝ちたい!というちょっと卑怯なところがあります。。

また、疲れてくると全ての動作が適当になって態度が悪いっ!!!!

ゴラァぁああああ!!

ちゃんとせぇぇええええ!!

誰が金払っとると思っとるんやぁあああ!!

とまでは思いませんが苦笑、

一生懸命に教えて下さる先生に失礼ですし

周りのお子さんにもダラダラした雰囲気を醸すことは迷惑がかかりますので

居た堪れない気持ちになります。。

こういう時、4歳の男の子のサンプル情報が欲しいなぁって思います。
まだ真面目にできなくて当たり前?うちの子は大丈夫なのか??と不安はつきませんね。

良くないことは、〇〇するのは良くない!

できたことは、〇〇(前周り)は前よりうまくなっていたよ!

と伝えられるように1時間の練習中、なるべくスマホを見ずにじーっと見守るよう心がけています。

ちなみに今日は

年長の足の速いお兄さんに負けたくなくて、距離感が詰め気味になっていたことを「ぶつかったら危ないよ」と注意。

よかった点は、「鉄棒の技、諦めずに何度も挑戦してたね!」

と伝えました。

今はすぐに注意して直らないことは当たり前。機嫌が悪くなろうと我関せず、何度も伝えていくしかないなと気を長く持っています。

こちらがカードを切るような物言いをしすぎるのは良くなき気がしますが、ついつい・・・

「もう真面目にやらないなら体操教室やめるから!」

「もうお菓子なしね!」

と言う言葉が・・・。

これは本質とズレた叱り方で良くないですよね。

ついつい思い通りにならない息子にイライラしてしまう自分を戒めるブログでした笑

2ヶ月でどこまで成長したか、具体的に何ができるようになったのか、初めての進級テストの結果はまた次のブログで!

あわせて読みたい

この記事をSNSでシェア!