ブログ・コラム

インボイス制度対策オンラインセミナーで司会を担当|木村あきらこ税理士

こんばんは!
フリーアナウンサーの小野木梨衣です。

セミナー・講演会の講師派遣実績40年、年間派遣実績2500件のブレーン様にて開催されるオンラインセミナーの司会を担当しています。

2023年10月からスタートするインボイス制度ってご存知ですか?

課税事業者、免税事業者どっちも影響を受けるもので、免税事業者を含めたすべての事業者が、対応・対策をしなければならないんです。

個人事業主である私にとっても関係のある話。司会として役得なセミナーでした。

都内配信スタジオより生配信!

インボイス制度が特に関わる事業者は?

インボイス制度が特に関わる事業者って?

・売上高 1 千万円以下の消費税の免税事業者
・免税事業者に仕入れや経費の支払いをしている企業

→今月から事業者登録が始まってます!
 制度開始の2023 年10月に備えましょう!

解説してくださったのは、税理士の木村あきらこ先生。

インボイス制度により何が変わり、課税事業者と免税事業者がそれぞれどんな影響を受けるのか。

関心度の高いテーマで、500名以上の視聴者様にオンラインセミナー にご参加いただきました。

インボイス制度開始で免税事業者に起きうる悪影響って?

免税事業者から購入した商品・サービスの費用を仕入れ税額控除できなくなるので、買い手である課税事業者にとっては収める消費税が多くなる=会社の利益が減ってしまうってこと。

免税事業者からサービスの提供を受けてもインボイスがもらえないので、
仕入額控除額が減ることになる!!
課税事業者の立場からすると、納税額が上がるってこと。
「納める消費税が多くなっちゃう。利益減るのは嫌だ…。」となると
免税事業者との取引をやめるようになるかも…。

インボイス制度が始まれば免税事業者にはこんな悪影響が考えられます!

  • 免税事業者切りが始まる
  • 仕入税額控除できないので、今まで請求できてた消費税が請求できなくなる(実質的に売上が10%減少する)

「免税事業者なんだから、消費税の上乗せしないで」って言われちゃったりして。。

免税事業者の方は、課税事業者になってインボイス登録事業者になるか否かの選択が迫られます。
木村先生は、課税事業者になった方が得なのか損なのかをどう判断するのかという点にまで言及されていました!

インボイス制度対策セミナーで印象に残った話まとめ

  • 課税事業者は、事務作業が増えるが、納税額が減らせる!
  • 免税事業者は、売上先が減ったり、売上額が減ったりする影響がある!
  • 免税事業者が課税事業者を選択することもできる!

ということがよくわかりました。

学校では教えてくれない税金の話。

自分から情報をとりに行かなきゃいけませんね。

ここには書き切れないくらい勉強になるセミナーでした。

明日もブレーン主催のオンラインセミナー です!
企業の災害時対策について解説いただきます。

本日ご参加の皆様、木村あきらこ先生、ありがとうございました!

    ご相談・お見積り請求は
    お気軽にお問い合わせ下さい。

    この記事をSNSでシェア!