ブログ・コラム

使用歴2ヶ月!ドラム式洗濯機Panasonic NA-VX900BL/Rのメリットデメリット

8月も残りわずか。暦とは裏腹に残暑が厳しいですね。

フリーアナウンサーの小野木梨衣です。

今回は2ヶ月前に新調したドラム式洗濯機Panasonic NA-VX900BL/R の使い心地についてレビューします!

購入時の値段やレビューはこちらの記事へ

買った当初から、高いと思ったけど買って良かった!という感想だったのですが、2ヶ月使うと新たなメリットデメリットが見えてきました。

1.ドラム式洗濯機パナソニックNA-VX900BL/Rのメリット

洗濯〜乾燥までおまかせだから、洗濯物を干す・取り込む手間なし!

雨の日も風の日も、早朝も夜間でも、いつでも洗濯機を回せることでこれほど時短になり、家事ストレスが減るとは思っていませんでした。

縦型洗濯機を使っていた時は乾燥機能がついていましたが、とても使えたもんじゃなかった…(臭い、乾いてない)

外に干したタオルより、ドラム式洗濯機で乾かしたタオルの方がフワッフワで新品みたい!

以前は毎日着ていく幼稚園の制服(ズボン)を汚されると、「替えがないから手洗いして脱水かけて乾燥させなきゃ!」翌朝、「あー!洗うの忘れてた!💦」となることが多かった苦笑

※そもそも2着かっとけば?というツッコミは受け付けません笑

でも、洗濯機に入れてボタンを押せば、2時間半ほどで全て解決するようになったので精神的にも楽になりました。

洗濯物を干して出かけると天気や帰宅時間を気にしなければなりませんがそれもなし。

洗濯物を誰が干すか、誰が取り込むか、と言ったことで夫婦が喧嘩することもありません。(笑)

測る、こぼれるとはもう無縁!「洗剤自動計量・投入機能」

洗濯物を回すときに面倒とも思わず当然のようにやっていた洗剤を入れる作業ですが、最近の洗濯機は縦型もドラム式も問答無用に自動計量・投入が備わっているんですよね。

洗剤を買ってきたら、封を開けて洗濯機にジャーっと入れておけばOK!

無くなってくると液晶パネルが追加してくださいって教えてくれます。

これがもーめっちゃ楽!なわけですが、2つ注意点がありました。

注意点

  1. 洗剤と柔軟剤は自動軽量・投入だけど、漂白剤は自分で測って自分で入れてね。
  2. 洗剤投入部分の蓋を開閉するスペースがいるので、洗濯機の上に収納を設置している方要注意。

我が家は、2の注意点で蓋が最後まで開かず、投入するときにちょっとやりづらい状態だったのですが、
それは気に食わないと即行動。(夫が)

収納棚を底上げするアイテムを購入し、ことなきを得ました。

こういうのを収納棚の底に置きました

これでフタが空きっぱなしになるので挿入時も楽チン!

最近は、縦型の洗濯機で上部の蓋がタッチパネルになっていて、1枚の板を上に大きく開くタイプ、多くないですか?

この一枚板パネル、一見かっこいいんですが上に収納棚を設置されている方は要注意なので、ぜひ購入時には考えられてくださいね!

by カエレバ

2.ドラム式洗濯機パナソニックNA-VX900BL/Rのデメリット

1回の洗濯〜乾燥でホコリがめっちゃ溜まるのでその都度拭き取りが必要!

まずはこの写真をご覧ください。

フィルターの水洗いは厳禁です!ティッシュなどで優しく拭き取りましょう!

1回で、フェルトか?って言うほど厚みのある埃がこびりついてます!!!

これをその都度捨ててから使わないと、故障の原因になるそう。

ちょっと面倒だけど、メリットを思えばそんなに面倒ではないので取り込んだら掃除するくせにしてしまえばOK。

ちなみにドラムの溝にも埃が溜まりやすいので時々チェックしています。

洗濯物を入れ過ぎると、衣類がシワっシワになる

これは当然のことですよねw

ドラム式洗濯機で乾燥をした時にアイロンをかける必要がないくらい綺麗に乾き上がったことに調子に乗ったら…気づきました。

量が多かったら空間がないからうまく乾かないし、シワになるよね苦笑

と。

人気やコロナの影響で納期が遅い

私は運よく即納!だったのですが、1~2ヶ月待ちは当たり前のようです。

ご自宅の洗濯機が耐用年数7,8年に差し掛かっている方は余裕を持って購入検討を始められたほうがいいかもしれません。

ある日突然、寿命を迎えるかもしれません。

フリーアナウンサー
小野木梨衣

この記事をSNSでシェア!