ブログ・コラム

【簡単】4歳子どもと手作り石鹸|材料と作り方、手作りキット3選!

こんばんは!
フリーアナウンサーの小野木梨衣です。

ブログでは4歳の男の子ママとして、おうち時間充実や子どもと楽しめるお出かけスポットをご紹介しています。

今回は、誰でもできる手づくり石鹸の作り方です!

「石鹸って自分で作れるの?難しいんじゃ…」
そんなことありません!

レンジで溶かして、好きな色をつけて、固めるだけの3ステップで出来る、透明グリセリンソープの宝石せっけんをご紹介します。
※この記事では、『アーテック宝石せっけんづくり クリスタル』の手作り石鹸キットを使っています。

1、グリセリンソープって何?

グリセリンソープとは、電子レンジで溶かして固めるだけで、すぐに使える手作り石鹸の原料です。

ネットショップやホームセンターで販売されています。

天然の保湿成分であるグリセリンがた〜〜っぷり含まれているので、”手作り”というチープな響きとは裏腹に、肌に吸い付くようなしっとりとした洗い上がりの石鹸が出来ちゃいます♪

グリセリンソープ」は「MPソープ」という呼び名でも売られていて、どちらも同じものです。

MP(エムピー)とは、溶かして注ぐ”Melt and Pour”という意味から来ているんだとか。

原材料をよくよく見ると、合成のもの、植物性素材のものなどいくつか種類があるので、敏感肌の方や子ども用に作る方は植物性素材のものが良さそうです。

2、グリセリンソープを使った手作りせっけんの材料・作り方

(1)手作り石鹸の作り方

手作り石鹸の作り方は3ステップ!

  1. グリセリンソープを電子レンジで溶かす!
  2. 好きな色と混ぜる!
  3. 冷蔵庫で冷やして固める!

え、そんなに簡単なの〜〜?!って感じですよね。

私も最初はそう思いました。笑

でも、実際に4歳の息子とアーテック宝石せっけんづくり クリスタルを使って簡単にできてしまいました♡

ジャジャ〜〜〜ン!

どうですか?

初めてにしては上出来でしょ?(自画自賛w)

(2)材料・道具

材料

  • グリセリンソープ(クリアー)
  • グリセリンソープ(黄色・赤・青などの原色)または、食紅やカラージェルなどの色材
  • アロマオイル(お好み)
  • ハーブ(お好み)

道具

  • 電子レンジ
  • 紙コップ
  • 割り箸、スプーン
  • カッターナイフ
  • カッティングボード(下敷きなど傷がついても良いもの)

「色材って何ぞや?」

「グリセリンソープってどのぐらい必要?」

と材料を揃えるのが大変な方は、手作り石鹸キットを使って作るのがおすすめです!

私が今回使用したアーテック宝石せっけんづくり クリスタルは材料と型が全てセットになってます。

注意:写真に写っている紙コップはキットに含まれていません。

キットには、このように初心者の方でも分かりやすい説明書が入っています。

表面

この説明書、めちゃめちゃ詳しいでしょ?

こんなに分かりやすくて材料も揃っててAmazonで830円(セール中)なのでおすすめ❤️

「赤と青を混ぜたら何色になるかな〜?」と
クイズを出しながら作ると子どもも興味津々!
色の成り立ちを自然と勉強できました!

3、ちょっぴり難しかったところ

4歳の子どもとも簡単に作れたグリセリンソープ石鹸ですが、

  • 電子レンジで5~20秒間、適度に溶かすこと
  • 固まらないうちに手早く色付けして型に流し込むこと

がちょっぴり難しかったです。

(1)失敗その1

電子レンジでグリセリンソープを溶かす時間は500Wで5~20秒ほどなんですが、
やりすぎると気泡ができてしまって、仕上がりに影響がでます。

泡の部分が白っぽく固まっちゃうんです(涙)

温めすぎて泡立っちゃった状態

まぁでも裏面にたまった泡の部分が白くなっても息子は全く気にしていなかったですね笑
それだけ表面が綺麗なので♪

泡出来ちゃったのも手作りらしさがあっていいじゃない♪前向きにー

(2)失敗その2

色付けは、とろ〜んと溶かしたクリアソープと原色石鹸を混ぜて行うんですが、これも混ぜている時間が長いと固まって型に流し込めなくなります・・・。

色付け途中で固まってしまった状態

レンジで溶かした石鹸がすぐ固まってきてしまうので
手早く混ぜて型に流し込むことがポイントです!

でも大丈夫!

固まってしまったらもう一度電子レンジに数秒かけて溶かせばOK!

失敗してもやり直し可能なのがいいですね♪

(3)プラスチックの型よりシリコンの型が出しやすい!

冷蔵庫で冷やし固めて型から取り出し、宝石のような見た目にカッティングしていくんですが、

型から綺麗に出すのがちょっと大変でした汗

切れ込みを入れて叩いてもなかなか出てこなくって・・・

ただ、端っこはどうせ宝石のように尖らせるので綺麗にとれなくてもOK!なんですよね。

そのことに気がついてからはバキバキと外して行きましたわw

あとで気がついたのですが、お菓子作りに使うようなシリコンの型の方が型から外しやすそうです!

また、宝石っぽくするためにカッターナイフを使ったカッティングが必要だったので、子どもにはちょっとやらせられないので、そういった意味でも、流し込んで固めたら完成系になる型を使うのが良さそうです!

キットを探すときにチェックしてみてくださいね♪

あわせて読みたい

【動画あり】シリコン型で恐竜せっけんを作ってみた!(2021年10月26日追記)

恐竜が大好きな息子のためにこちらのシリコン型をポチり♪

早速使ってみました!

外す時に型からポロンと取れて
超きもちぃ〜〜〜〜!

息子も外すのが楽しかったようです。

出来上がりはこの通り!

じゃじゃ〜ん♪

宝石せっけんと違って、型に流し込んだら形が完成するので楽で出来上がりも美しい!

我が家の洗面台を華やかにしてくれています♪

4、手作り石鹸のアレンジは無限大!

今回は株式会社アーテックさんの宝石のようなキラキラしたせっけんを手作りしましたが、

型次第でいろんな形の石鹸を作ることができます。

ちなみに私は、息子が大好きなピカチュウのマドレーヌ型(シリコン製)を購入して、
今度はピカチュウ石鹸を作る約束をしています♪

アレンジも無限大で、

好きな香りのアロマオイルを一緒に混ぜて香り付き石鹸にしたり・・・

カットした乾燥フルーツをアクセントに入れてもとってもお洒落ですよね!

子どもと室内で楽しめる工作にいいかなと思って買ったのに、大人の私の趣味になりそうですw

子どもの夏休みの自由研究やお友達と一緒に♪

いろんな石鹸を作ったらいい思い出になりそうですね。

5、子どもが喜ぶ手作り石鹸キット3選

ここからは、今回初めて石鹸を作ってみた筆者が4歳の男の子に良さそう!と思った、オススメ手作り石鹸キットをご紹介します。

選んだポイントは、

  • 必要な材料が全て揃っていて2000円くらいのもの
  • カッターナイフを使用しない
  • シリコン製で型から子どもでも外しやすい

です。

(1)恐竜せっけんづくりキット

(2)宝石・ハート・クローバーのせっけん手づくりキット

(3)貝殻やヒトデ、丸い型のせっけん手作りキット

6、手作りせっけんが子どもにオススメな理由

ここまで、グリセリンソープを使った手作り石鹸についてご紹介してきましたがいかがでしたか?

実際に作ってみて、4歳の息子と一緒に楽しく簡単にできることがわかりました。

「また作りたい!」「この石鹸、◯◯ちゃんにあげる!」「次は恐竜せっけんやりたい!」と大喜びです。

また、自分で作った石鹸のおかげで手洗いをすすんでするようになりました。

簡単に泡立ち、手がすべすべになるので、子どもながらに嬉しい様子。

お風呂にも「宝石せっけんで洗おうよ!」の一言ですぐに入ってくれました。

安心安全な原材料で作る手づくり石鹸。
自分の好きな色、形、さらには香りで作った透明感あふれる石鹸は、想像以上に癒されますよ!

おうち時間のお供に、ぜひお試しください♡

7、せっけんの素(グリセリンソープ)の買い足しにはこちら

石鹸の色材である食紅や色石鹸は少量で色づくので、余りやすいです。

手作りせっけんキットの「グリセリンソープ クリアタイプ」が無くなったら、グリセリンソープ単体を買い足せばOK!

キットに入っているのは大体100gから200gくらいなので、こちらの1kgを買い足したらまたキットに付属していた食紅や色石鹸と合わせて石鹸が作れますよ!

アマゾンのセールで1Kg 1680円でした♪

こちらのソープは植物性なので敏感肌の方やお子様にも安心してお使いいただけますよ。

あわせて読みたい
この記事をSNSでシェア!